専業主婦でも借りられるカードローン

借りたお金の使い方について

銀行カードローンを利用する目的は人それぞれで、専業主婦の方なら生活費の足しにという方が多いかもしれません。 それ以外にも急な用事でお金が必要になった、どうしても今すぐ買いたいものがあるなどでしょう。 一般的なローンの場合、たとえば住宅ローンなら住宅費用にしか借りたお金を使えないのですが、カードローンは少し特殊です。 というのも借りたお金はどんな目的に使ってもいいのです。

たとえそれが飲み会や遊ぶためでも問題ありません。借りた分を自由に使うことができるのがカードローンの最大の特徴です。 特に専業主婦だと色々な面でお金が必要になるケースが多いと思います。 そんな時にカード1枚ですぐに専業主婦でも借りられるカードローンは、主婦にとってとても便利な存在になるでしょう。

申込時に利用目的を聞かれる理由

カードローンは借りたお金を自由に使えますが、申込時にはその利用目的を聞かれます。

自由に使っていいのにわざわざ目的を聞く理由はなんなのか、それは審査において貸出可能かどうかを判断する情報として使うからです。

例えば、ギャンブルのために借りる、借金の返済のために借りると答えた人がいるとしましょう。 銀行側からするとこうした人は経済的にとても苦しく、貸したお金を返してもらえないんじゃないかと考えます。 つまり利用目的を聞くことでその人の返済能力を確かめようとしているのです。

なので審査に通ってお金を借りることができれば申込時に答えた目的以外に使ってもかまいません。 利用目的はあくまでも審査で使われる情報なので契約後はあまり気にしなくても大丈夫です。

銀行系か消費者金融系か

カードローンは銀行系と消費者金融系に分けられ、専業主婦にとってはこの違いがとても重要です。 結論から言うと専業主婦の場合は消費者金融系のカードローンは使えないので銀行系を選ぶようにしましょう。

消費者金融系のカードローンは総量規制という決まりがあり、収入がない人は利用できないのです。 銀行系のカードローンなら本人に収入がなくても夫に収入があれば利用できるので専業主婦でも利用可能です。

同じカードローンですが、専業主婦の人には使えるタイプと使えないタイプがあるので注意しましょう。主婦の人は、まずは銀行系のカードローンから利用するローンを選ぶところからはじめるのがポイントです。 専業主婦の人が消費者金融系に申し込みをしても、断られてしまいます。

金利について

専業主婦がカードローンを利用するうえで忘れてはならないのが返済です。 カードローンは返済時に利息を支払う必要があり、その利息の額を決めるのが金利です。 金利の低い方が利息も少なくなり毎月の返済負担が減るので銀行系の中でもできるだけ金利の低いところを見つけましょう。

カードローンの金利は4.8%~15%といった形で、幅の広い設定になっている場合がほとんどです。下限金利の安さだけを見て選んでも、実際には上限金利やそれに近い金利が適用されるこということがあり得るので、必ず上限金利を見て業者を選ぶようにしてください。

元々銀行系は金利が低い特徴があるのでどこで借りても比較的利息も少ないのですが、それぞれ金利が微妙に違うのでよく確かめることが大切です。 専業主婦には基本的に収入がありません。お金を借りることだけ考えると、返済で苦労する可能性がありますので、返済を楽にするためにも主婦にとって金利は欠かせない情報です。

また、すぐ近くにATMや店舗がある、つまり必要なときにすぐに利用できるのかどうかも必ずチェックしておきましょう。 ATMを使った際に発生する手数料は、当然金利には含まれません。無料のところもあれば、105円~210円ほどかかるところもあり、借り入れや返済のたびに手数料が発生する場合、少額でも累積すると決して無視はできない金額になってきます。 銀行によっては提携しているコンビニATMでの手数料がすべて無料、というところもあるので、コストを下げるためにも手数料がいくらかかるのか、申し込み前に確認しておくとよいでしょう。

信用情報に記載されるのは本人だけ

専業主婦がカードローンを利用した場合、返済のお金については夫の収入を使うことになるはずです。 専業主婦は収入がないため仕方ないことですがここで気になるのが妻がカードローンを利用すると夫の信用情報に影響があるのかどうかです。

カードローンに申込をして契約をした場合、そのことが信用情報に記載されますがこれはあくまでも申込をした本人、つまり妻なので夫の信用情報になにか影響が出ることは基本的にありません。 なのでこの点は主婦も安心してカードローンを利用してもいいでしょう。 夫からしても自分の知らない間に信用情報が記載されているなんてことはないので大丈夫です。

収入証明書不要・在籍確認もなし

カードローンを申し込みをした際、旦那さんの職場に在籍確認の電話をかけられると困るという主婦も多いと思います。しかし銀行系カードローンで専業主婦がお金を借りる場合、ご主人の会社に電話がかかってくるということはまずありません。

一定の収入のない専業主婦がカードローンで借りられる限度額は、30~50万円。それに対して収入証明書の提出が求められる希望限度額は200万円~なので、申し込みにおいて収入証明書の提出は必要ありません。配偶者の合意も不要で、在籍確認も自宅の固定電話か主婦本人の携帯電話にかけるだけで修了するので、申し込みの時点で夫にバレてしまう心配はないといってよいでしょう。

ブラックリストには要注意

信用情報に記載されるのは本人だけと紹介しましたが例外も考えられます。 それが妻がブラックリストに載ってしまった場合です。 信用情報でいうブラックリストとは返済に遅れている人、返済ができなくなって債務整理などをした人の情報のことです。 もし妻がカードローンを利用して返済が遅れてしまった場合は家族である夫の信用情報にも影響が出る可能性があります。

絶対ではないので一概には言えないのですがこうなると夫本人がローンを組もうとした時に審査でマイナスになってしまうことも出てきます。 専業主婦の方はお金を借りる時には返済に遅れないよう注意し、夫も妻がお金を借りる時にはしっかりサポートしてあげましょう。 でないと自分自身にとっても良くない事態になってしまうかもしれません。

誰にもバレずにカードローンを契約するには

周りの人や同居する家族にもバレずに借りたい場合は、WEBで申し込みをすると良いでしょう。審査結果が出たら、契約には全国にある自動契約機を利用し、その場でカードを受け取ります。

すぐにいくらか必要な場合は、その場で引き出すようにしてください。振り込みにすると、自宅に郵便物が届いてしまう場合があります。カードローン業者からの郵便物によって家族にバレるケースは非常に多く、注意が必要です。 明細も郵送ではなくメールで受け取るか、WEBで確認するように設定すれば、自宅に郵便物が届かないのでバレずに済みます。 ただ、滞納した場合はどうやっても必ず郵便物が発生してしまうので、滞納しないよう計画的に返済することを心掛けましょう。

便利な自動融資のサービス

カードローンの中には、自動融資という便利なサービスを付けられるものもあります。 普通預金口座にカードローンの機能を追加しておき、その口座から水道・光熱費などを支払うようにすれば、残高がなく引き落としができないときに、限度額の範囲内で自動で融資してくれるというものです。
またはカードローンの申し込み時に普通預金の口座開設をして、この機能を加えることもできます。
これには、利用者が自分で希望した場合のみ付けられる任意付帯と、はじめから付いている自動付帯があります。主婦の生活を助けてくれるとても便利な機能ですが、自動付帯の場合、利用する人に自覚がなければ知らないうちに借り入れ額が膨らんでいたということにもなりかねません。自分がどんなサービスを利用しているのかを、事前によく確認しておきましょう。

カードローンの返済方法

気になる返済方法ですが、カードローンでお金を借りた場合、返済方法は大きく分けて3つあります。
●口座振替で返済
指定された期日に、登録した預金口座から引き落とされます。残高不足で返済が遅れないように注意しましょう。多くの場合、残高スライドリボルビング方式が適用されます。月々の返済金額が一定のリボ払いに、借入金額の残高に合わせて返済金額が変動する仕組みを加えたもので、借入金額に応じて返済金額も変化します。
●ATMで返済
カードを利用して、自社のATMやコンビニなどに設置されている提携ATMで返済できます。入金手数料がかかる場合と、無料の場合があります。
●振り込みで返済
専用のカードローン返済口座に振り込んで返済できます。

専業主婦でも借りられるカードローンおすすめ情報

専業主婦だからこそ銀行でカードローンができるというのは知っておくと役に立つ情報ですよね。では、どこの銀行で借りるのが便利でお得なのか?できたら比較したものが見られると参考になります。これらついてをわかりやすく表にまとめてあるこちらのサイトはとても参考になります。ぜひご一読ください。
参考先:専業主婦でも借りられるカードローン~即日キャッシング必勝ガイド

↑ PAGE TOP