専業主婦でも借りれるカードローン

借り入れしたお金の使い方について

銀行カードローンを利用する目的は人それぞれで、専業主婦の方なら生活費の足しにという方が多いかもしれません。

 

それ以外にも急な用事でお金が必要になった、どうしても今すぐ買いたいものがあるなどでしょう。 一般的なローンの場合、たとえば住宅ローンなら住宅費用にしか借りたお金を使えないのですが、カードローンは少し特殊です。

というのも借りたお金はどんな目的に使ってもいいのです。

たとえそれが飲み会や遊ぶためでも問題ありません。借りた分を自由に使うことができるのがカードローンの最大の特徴です。 特に専業主婦だと色々な面でお金が必要になるケースが多いと思います。 そんな時にカード1枚ですぐに専業主婦でも借りられるカードローンは、主婦にとってとても便利な存在になるでしょう。

目次

  • 専業主婦が借入可能なカードローンの種類
  • 専業主婦おすすめのカードローン
  • 専業主婦がカードローン審査前に押さえたいポイント
  • 専業主婦カードローン体験口コミ
  • 専業主婦カードローンQ&A
  • まとめ
  • 専業主婦が借入可能なカードローンの種類

    カードローンは大きく分けて、銀行系カードローンと消費者金融系の2つ。収入があるかないかで選択すべきカードローンの基準が異なります。

    収入がない人は銀行系になりますが、配偶者貸付を行っている消費者金融系のカードローンも。自身が無職でも配偶者に収入があれば、配偶者収入の1/3まで借り入れ可能です。

    ただし配偶者貸付の場合は、夫の同意書が必要提出書類になるため、夫に内緒で借入を行うことができません。

    収入がない主婦は銀行系、収入がある主婦は消費者金融系

    カードローンは銀行系と消費者金融系に分けられ、専業主婦にとってはこの違いがとても重要です。 収入がない主婦の場合は消費者金融系のカードローンは使えないので銀行系を選ぶようにしましょう。

    消費者金融系のカードローンは総量規制という決まりがあり、収入がない人は利用できないのです。 銀行系のカードローンなら本人に収入がなくても夫に収入があれば利用できるので、収入がない主婦でも利用可能です。
    同じカードローンですが、収入がない主婦の人には使えるタイプと使えないタイプがあるので注意しましょう。収入がない主婦の人は、まずは銀行系のカードローンから利用するローンを選ぶところからはじめるのがポイント。 収入がない主婦の人が消費者金融系に申し込みをしても、断られてしまいます。

    アルバイト・パートで収入がある主婦は、年収の3分の1の範囲で消費者金融のカードローンで借り入れすることが可能です。

    専業主婦が銀行カードローンで借り入れするメリット

    専業主婦が即日中の借入を行う場合、その借入先が消費者金融であれば総量規制という問題が付きまといます。総量規制とは収入の3分の1を超える融資を禁じる規則で、2010年6月の貸金業法改正時に導入されました。

    何も仕事に従事していない、収入がないいわゆる専業主婦だと限度額はゼロ。
    パートや副業などで収入を得ている主婦の場合も年収の3分の1が限度額になり借り入れがしにくい状況に。
    ただしこれは、消費者金融に借り入れする場合において、です。

    消費者金融と違い、銀行カードローンはこの総量規制の対象外のため、収入にかかわらず審査を受けることが可能です。

    また申請の際には夫の職業や勤務先を記載することによって配偶者貸付という形で適応させることもでき、これならば夫に内緒で手続きを進めることができます。

     

    審査手続きもスムーズに進み、即日中の融資も可能となるでしょう。

    銀行カードローンが夫に内緒で借りれる理由

    専業主婦は自身の収入がないためお金が必要な時には、カードローンを利用したくなるものですが、そのような時には夫にばれてしまうのが心配ですよね。

    カードローンを利用する場合、夫など家族に借り入れしたことがバレないよう配慮してくれます。夫に内緒で借り入れ可能なのでご安心を。

    利用明細書など、郵送物を自宅に送らない設定をすることも可能。延滞せず完済すれば夫にバレることはありません。

    専業主婦おすすめのカードローン

    専業主婦おすすめのカードローンは、収入のあるなしだけでなく、夫に内緒か事情を話せるか、でも変わってきます。

     

    夫に借り入れる事情を話せる場合は、配偶者貸付を行う業者も選択可能。

    これなら夫の年収に応じて限度額が変わるので、少額ではない額を借り入れたい方にはおすすめです。

    収入なしの主婦でも夫に内緒で借入可能なカードローン

    収入がない主婦で配偶者貸付の制度を利用しない方におすすめな銀行カードローンは、新生銀行カードローン レイク、みずほ銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックが挙げられます。


    新生銀行カードローン レイク

    新生銀行カードローン レイクで借り入れするメリットは、180日間無利息・30日間無利息。レイクで初めて借り入れする方への限定特典です。(いずれかを自由に選択可能)
    ・180日間無利息→5万円までの借入
    ・30日間無利息→5万円以上の借入

     

    みずほ銀行カードローン

    みずほ銀行カードローンで借り入れするメリットは、即日融資対応。ただし、口座開設が借り入れの条件で、本人確認書類と印鑑が借り入れ当日は必要。口座開設・審査は同時並行でやってもらうとスピーディーに借り入れを行うことが可能です。

    注意点としては、夫との共有口座を使わないこと。

    お金の入出金の履歴が夫に丸わかりになる危険性あり。

     

    夫に内緒で借り入れるなら、自分だけの口座を開設し、キャッシュカード一体型のカードを選べば夫にバレにくいです。(カードローン専用型もありますが、ATM利用料が別途必要)

    三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

    三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックで借り入れするメリットは、最短40分の審査対応・上限14.6%の低金利。

    土日祝の審査対応もしていますが、申し込みの受付時間、審査状況によって、審査結果がわかるのが翌日以降になる可能性も。

    借り入れを急ぐ人は、なるべく早めの時間帯に審査を依頼するといいかも。

    配偶者貸付を実施しているカードローン

    夫に借り入れする事情を話せるなら、配偶者貸付を条件としたカードローンを利用する手も。

    配偶者貸付なら、夫の年収の3分の1まで借入可能な点がメリットです。
    配偶者貸付の対応業者は、レディースフタバやベルーナノーティスなど。

    レディースフタバ

    レディースフタバで借り入れするメリットは、来店不要・30日間無利息。
    創業50周年を迎えた老舗業者なので、信頼性・実績はバツグン。

    ベルーナノーティス

    ベルーナノーティスで借り入れするメリットは、来店不要・14日間無利息(ベルーナノーティスで初めて借り入れる方限定)。セブン銀行・リーソンなど提携ATMの利用手数料が無料なのも◎。
    通信販売で有名なベルーナグループ提携のキャッシングサービスです。

    パート・アルバイトで収入がある主婦におすすめなカードローン

    パート・アルバイトで収入がある主婦は、消費者金融からの借り入れも可能です。そんな主婦におすすめなカードローンは、プロミスレディースやアコム。(中には無利息サービスもありますが、条件次第で無利息サービスを受けれないことも)

    金利については平均的かやや高く設定されていることがありますが、いずれも法律範囲内の金利。

    借入限度額は低めで、最低返済額はそれほど高くないのが特徴。


    貸金業法によって、総量規制で年収の3分の1までしか借り入れができないことに要注意。

    プロミスレディース

    プロミスレディースで借り入れするメリットは、30日間無利息(プロミスレディースで初めて借り入れる方限定)・来店不要。
    月々の最低返済額は1,000円から可能。

    アコム

    アコムで借り入れするメリットは、即日融資・30日間無利息(アコムで初めて借り入れる方限定)。
    インターネット返済で、24時間いつでもネットで返済できるのもポイント。

    専業主婦がカードローン審査前に押さえたいポイント

    カードローン借り入れの申し込みをする際、借入前には審査があります。審査の際に必ず聞かれるのが利用目的。借り入れをした人に返済能力があるかを業者に確かめられるタイミングです。

    審査時にうその情報を申告する、クレジット、公共料金などの支払いを滞納しブラックリストに登録された、自己破産の経験がある等の条件に当てはまる人は審査落ちになる可能性が高いので要注意。

    審査申し込み時に利用目的を聞かれる理由は「返済能力」見極め

    カードローンは借りたお金を自由に使えますが、申込時にはその利用目的を聞かれます。

    自由に使っていいのにわざわざ目的を聞く理由はなんなのか、それは審査において貸出可能かどうかを判断する情報として使うからです。

    例えば、ギャンブルのために借りる、借金の返済のために借りると答えた人がいるとしましょう。

    銀行側からするとこうした人は経済的にとても苦しく、貸したお金を返してもらえないんじゃないかと考えます。

    つまり利用目的を聞くことでその人の返済能力を確かめようとしているのです。

    なので審査に通ってお金を借りることができれば申込時に答えた目的以外に使ってもかまいません。

    利用目的はあくまでも審査で使われる情報なので契約後はあまり気にしなくても大丈夫です。

    上限金利を意識した業者選びを

    専業主婦がカードローンを利用するうえで忘れてはならないのが返済です。 カードローンは返済時に利息を支払う必要があり、その利息の額を決めるのが金利です。 金利の低い方が利息も少なくなり毎月の返済負担が減るので銀行系の中でもできるだけ金利の低いところを見つけましょう。

    カードローンの金利は4.8%~15%といった形で、幅の広い設定になっている場合がほとんどです。下限金利の安さだけを見て選んでも、実際には上限金利やそれに近い金利が適用されるこということがあり得るので、必ず上限金利を見て業者を選ぶようにしてください。

    元々銀行系は金利が低い特徴があるのでどこで借りても比較的利息も少ないのですが、それぞれ金利が微妙に違うのでよく確かめることが大切です。

    専業主婦には基本的に収入がありません。お金を借りることだけ考えると、返済で苦労する可能性がありますので、返済を楽にするためにも主婦にとって金利は欠かせない情報です。

    また、すぐ近くにATMや店舗がある、つまり必要なときにすぐに利用できるのかどうかも必ずチェックしておきましょう。

     

    ATMを使った際に発生する手数料は、当然金利には含まれません。

    無料のところもあれば、105円~210円ほどかかるところもあり、借り入れや返済のたびに手数料が発生する場合、少額でも累積すると決して無視はできない金額になってきます。

     

    銀行によっては提携しているコンビニATMでの手数料がすべて無料、というところもあるので、コストを下げるためにも手数料がいくらかかるのか、申し込み前に確認しておくとよいでしょう。

    信用情報に記載されるのは名義人本人だけ

    専業主婦がカードローンを利用した場合、返済のお金については夫の収入を使うことになるはずです。 専業主婦は収入がないため仕方ないことですがここで気になるのが妻がカードローンを利用すると夫の信用情報に影響があるのかどうかです。

    カードローンに申込をして契約をした場合、そのことが信用情報に記載されますがこれはあくまでも申込をした本人、つまり妻なので夫の信用情報になにか影響が出ることは基本的にありません。

     

    なのでこの点は主婦も安心してカードローンを利用してもいいでしょう。 夫からしても自分の知らない間に信用情報が記載されているなんてことはないので大丈夫です。

    在籍確認なし

    カードローンを申し込みをした際、旦那さんの職場に在籍確認の電話をかけられると困るという主婦も多いと思います。

    しかし銀行系カードローンで専業主婦がお金を借りる場合、ご主人の会社に電話がかかってくるということはまずありません。

    配偶者の合意も不要で、在籍確認も自宅の固定電話か主婦本人の携帯電話にかけるだけで修了するので、申し込みの時点で夫にバレてしまう心配はないといってよいでしょう。

    配偶者信用情報のためブラックリストには要注意

    信用情報に記載されるのは本人だけと紹介しましたが例外も考えられます。

     

    それは、妻がブラックリストに載ってしまった場合です。

    信用情報でいうブラックリストとは返済に遅れている人、返済ができなくなって債務整理などをした人の情報のことです。

     

    もし妻がカードローンを利用して返済が遅れてしまった場合は家族である夫の信用情報にも影響が出る可能性があります。

    絶対ではないので一概には言えないのですがこうなると夫本人がローンを組もうとした時に審査でマイナスになってしまうことも出てきます。

     

    専業主婦の方はお金を借りる時には返済に遅れないよう注意し、夫も妻がお金を借りる時にはしっかりサポートしてあげましょう。

    でないと自分自身にとっても良くない事態になってしまうかもしれません。

    誰にも内緒でカードローンを契約するには

    周りの人や同居する家族にもバレずに借りたい場合は、WEBで申し込みをすると良いでしょう。

    審査結果が出たら、契約には全国にある自動契約機を利用し、その場でカードを受け取ります。

    すぐにいくらか必要な場合は、その場で引き出すようにしてください。

    振り込みにすると、自宅に郵便物が届いてしまう場合があります。

     

    カードローン業者からの郵便物によって家族にバレるケースは非常に多く、注意が必要です。

    明細も郵送ではなくメールで受け取るか、WEBで確認するように設定すれば、自宅に郵便物が届かないのでバレずに済みます。

     

    ただ、滞納した場合はどうやっても必ず郵便物が発生してしまうので、滞納しないよう計画的に返済することを心掛けましょう。

    便利な自動融資のサービス

    カードローンの中には、自動融資という便利なサービスを付けられるものもあります。

    普通預金口座にカードローンの機能を追加しておき、その口座から水道・光熱費などを支払うようにすれば、残高がなく引き落としができないときに、限度額の範囲内で自動で融資してくれるというものです。


    またはカードローンの申し込み時に普通預金の口座開設をして、この機能を加えることもできます。
    これには、利用者が自分で希望した場合のみ付けられる任意付帯と、はじめから付いている自動付帯があります。

     

    主婦の生活を助けてくれるとても便利な機能ですが、自動付帯の場合、利用する人に自覚がなければ知らないうちに借り入れ額が膨らんでいたということにもなりかねません。

    自分がどんなサービスを利用しているのかを、事前によく確認しておきましょう。

    カードローンの返済方法

    気になる返済方法ですが、カードローンでお金を借りた場合、返済方法は大きく分けて3つあります。

    ●口座振替で返済

    指定された期日に、登録した預金口座から引き落とされます。

    残高不足で返済が遅れないように注意しましょう。

    多くの場合、残高スライドリボルビング方式が適用されます。

    月々の返済金額が一定のリボ払いに、借入金額の残高に合わせて返済金額が変動する仕組みを加えたもので、借入金額に応じて返済金額も変化します。

    ●ATMで返済

    カードを利用して、自社のATMやコンビニなどに設置されている提携ATMで返済できます。入金手数料がかかる場合と、無料の場合があります。

    ●振り込みで返済

    専用のカードローン返済口座に振り込んで返済できます。

    専業主婦カードローン体験口コミ

    実際にカードローンで借り入れを行った専業主婦たちの口コミをまとめました。

    三菱東京UFJ銀行カードローンを利用した人(29歳)の口コミ

    主に日常の生活決済費に使う為、カードローンに頼ることにしました。

    旦那の給料が仕事上、月によって上がり下がりが大きいのでそうゆう時の生活費の足しや、冠婚葬祭費、カード決済費や子供の教材費などの支払いや出費がかさむ時など、定期的に使っています。

    銀行カードローンなので安心感もあるし、返済額も無理のない範囲で出来ますので便利で助かります。

    山形銀行カードローンを利用した人(42歳)の口コミ

    下の子供が突然の怪我で、入院と手術を受けることになった。

    上の子供が受験だったため、金銭的な準備はあったのだが、時期的に教育ローンを申し込んで審査に受かるまでの時間を予測しても間にあいそうにもなかったので、比較的短い審査時間で借り入れられるところを選んだ。

    返済額は少なくても済むが、カードローンには変わりないので、早く返そうと思っている。

    北海道銀行カードローンを利用した人(31歳)の口コミ

    最初は電化製品が一気に壊れまとめて買わなきゃいけなくなり、当時クレジットカードも持っておらず銀行口座を持っていて作りませんか?と誘いがきていたので借り入れをしました。途中からは生活費などで借りていました。

    返せるときに多めに返して足りない時に借りるように使っています。今も私や主人の給料が安定していないのでたりない月には補填に当てています。

    みずほ銀行カードローンを利用した人(45歳)の口コミ

    子供の養育費と生活費が主な目的でしたが、主人の収入が安定せず(自営業の為)、将来の事も見越してカードローンを利用しました。利用して良かったと思います。

    銀行カードローンですので安心して利用出来ますし、みずほ銀行ATMで借り入れ、返済が出来たので周りの知り合いの目も気にせずに出来ました。実際に養育費として使わせて頂きました。

    専業主婦カードローンQ&A

    専業主婦の人が、カードローンで借り入れを行う際によくあるQ&Aをまとめました。

    銀行カードローンで借入後、金利が増えて返済が苦しくなるのが心配・・・

    複数の業者から借り入れをせず限度額の範囲内で、滞納する事なく堅実に利用していれば問題なく利用可能と考える人は少なくありませんが、返済期間によっては、利息がかさむ事に。


    借りた後は翌月から返済が始まる事が一般的で、現在は無理のない返済金額で良いリボ払いが主流になっています。 ただ、月々の返済が少額であれば借入期間が長くなり、支払う利息は多くなっていきます。


    更に、限度額の範囲内だからと、完済前に何度も借入をすると、それだけ借入期間が長くなり、利息も増えてきます。 借りる時には返済シミュレーションを活用して、支払う利息についても把握しておく事が重要です。

    カードローンの借り入れ契約は複数社でも可能?

    専業主婦がお金を借りる際、問題となる総量規制にひっかかれば不可能です。ただし、これは消費者金融を利用する場合。


    銀行カードローンがその点ではおすすめですが、すでに2社から25万円ずつ借入がある方が、新規で借入を希望しても審査落ちする可能性が。銀行カードローンの専業主婦の融資限度額は、一般的に30万円~50万円。

     

    これを超える融資限度額以上の借入残高がある方は、審査落ちの可能性が大なので要注意です。

    セブン銀行やイオン銀行カードローン契約のメリットは?

    セブン銀行→借入・返済がセブン銀行の口座やセブン-イレブン設置のATMで可能。1,000円単位で借入可能。セブン銀行ATMなら手数料は24時間365日無料。

    イオン銀行→イオン銀行ATMなら手数料は24時間365日無料。

    いずれも夫への在籍確認はありませんが、収入がない専業主婦の場合は夫の収入が安定していること・口座開設をすることが条件です。

    まとめ

    夫に内緒でカードローンを借りる際は、銀行カードローンがベストです。収入があるなら消費者金融の利用も可能ですが、50万円以内など少額の借り入れで間に合う場合は、銀行カードローンで充分まかなえます。

    50万円以上の借入額になる場合、パート・アルバイトで収入を得て夫に内緒で消費者金融に借り入れするのがおすすめです。配偶者貸付になると、夫の同意が必要になるので内緒にしたい人向けではありません。


    消費者金融と配偶者貸付の場合は、総量規制にひっかかると審査落ちするので、年収の3分の1までしか借り入れできないと覚えておいてください。
    借り入れ後は、夫にバレないようWEB明細対応のカードローンを選べると尚よし、ですね。

    滞納すれば、郵便物の発生はもちろんブラックリスト化され、自分だけでなく家族の信用情報にも傷がつくので、無理な借り入れだけはやめましょう。

    ↑ PAGE TOP