簡便化された手続きで低金利実現

簡便化された手続きで低金利実現

ネット銀行系のカードローンが非常に低金利だと最近にわかに話題です。かつての銀行カードローンというと、メガバンクや地方銀行といった物理的な店舗のある金融機関が多かったのですが、最近は物理的な店舗のないネット銀行系の銀行カードローンが俄かに人気であり、またそういった金融機関の広告をスマホやパソコンなどのバナーでも良く見かけます。

ではネット銀行カードローンがどうしてメガや地方銀行を圧倒するくらいの低金利で運営できているのかをザックリと説明しますが、まずネット銀行とメガバンクや地方銀行の大きな違いは、物理的な店舗があるかどうかです。ネット銀行は物理的な店舗がありませんので、店を維持する経費がかかりません。そして接客する行員の制服も必要ありませんので、メガバンクや地方銀行に比べ費用面が大幅にカットされます。

必要なのはホームページと有人のヘルプデスク的な部門だけであり、人件費も大幅にカットできます。また銀行カードローンに関して言えばメガバンクのやっているような無人自動契約機もおく必要はなく、すべてネットからの申込で完結します。

本人確認資料のやり取りも写メで完結できます。こういったことから、ネット銀行は運営していく上で経費があまりかからない金融機関であり、その浮いた経費は銀行カードローンの金利を大幅に抑える事で顧客に還元しているのです。

そのためネット銀行系のカードローンは総じてメガバンクや地方銀行系のカードローンよりも圧倒的に安く抑えられているのです。

↑ PAGE TOP