銀行カードローンでも低金利

簡便化された手続きで低金利実現

消費者ローンというと一般的に高利貸しのイメージから、どうしても高い金利である事が先行してしまいがちですが、銀行カードローンの場合、消費者金融が取り扱っているようなカードローンに比べ大変良心的な相場で借入することが出来ます。

特に地方銀行のカードローンの商品だと、敵対する他の地元の地銀との関係もある事から、地域によっては非常に低い金利で利用する事が出来る銀行もあります。平均的な相場ですが消費者金融のカードローン相場がだいたい18%前後であるのに対して、銀行カードローンの場合は基本18%以下で平均的相場は高くて15%から低くて9%くらいまでの間、また利用可能枠が大きければ更に金利は低下し5%から最も低いものだと3%台で利用する事が出来ます。

また最近は銀行カードローンでも差別化を図ろうとするところも増加している事から、単純に金利負担軽減だけではなく、提携のポイントなどでサービス還元を図ろうとする銀行も増加してきました。

基本的に銀行カードローンは他社との差別化の計りにくい業界と言われており、如何に差別化を図りお客さんの満足度を高めるかが大きな課題でもありました。それが最近はこういった提携ポイントの還元でCSを向上させる試みをする銀行が増加してきています。

現状、銀行カードローンは一定の水準まで金利は低下し底を打った感じはあります。もうこれ以上に金利低下は望めない事からこれからは、いかにして顧客満足度を上げていくかが銀行カードローンの課題になってきます。

↑ PAGE TOP