取引がなくても申込できる

簡便化された手続きで低金利実現

メガバンクの銀行カードローン同様に地方銀行の銀行カードローンも大変人気です。基本的に地方銀行のカードローンは地元の人を対象としたカードローン商品である事から、他府県向けのプロモーションはあまり行いません。また銀行によっては他府県からの申込に対してお断りをする銀行もあるくらいです。それが最近他府県の人も県をまたいでカードローンの申込をする事が出来るようになってきました。

実はコンビニATMの存在があります。かつて大手コンビニチェーンは西日本に偏っていたり、東日本に偏りがあったりと地盤とするエリアを商圏としていたものが、ここ十年くらいの間でセブンイレブンが全国展開を行ったり、ファミリーマートが全国展開するなど、ボーダーレスな営業を展開するようになってきました。それと同時にコンビニATMも銀行カードローンと提携し、全国どこへ行っても引出しや残高照会、また返済をする事が出来るようになってきたのです。

という事は、それまで特定のコンビニがなかった地域に銀行カードローンと提携しているコンビニATMが出店したら、その地域に仮に旅行などで出向いても引出しや返済が出来るという事になり、事実上利用するATMさえあれば、その地域にその銀行の支店があろうがなかろうが、その地域に住んでいる人もウェブ上で申込して祖の銀行カードローンを利用する事が出来ます。

つまり引き出しも返済も軸となるATMさえあれば誰もが利用する事が出来るのです。従って他府県の金融機関と取引がなくても実質的には利用可能なATMさえあれば申込する事は可能なのです。

↑ PAGE TOP