枠が大きい事で利用用途が高い

簡便化された手続きで低金利実現

ネットの銀行カードローンの特筆すべき良い点は銀行によっても異なりますが、利用枠が消費者金融や既存の銀行カードローンに比べ、大きい枠で用意してもらえるという事が挙げられます。

大きな枠と言っても程度問題ですが、申込内容によっては500万円から1000万円程度までの枠が設けてもらえるネット系銀行もあるようで、それだけ大きな枠が用意されるとなると、利便性も格段に高まります。例えばこれまで消費者ローンではカバーしきれなかった車の購入資金や住宅のリフォームやリノベーション用の資金、また入院費用や葬儀費用といった突発的に起きる高額な出費も十分にカバーできます。

また金利面でも非常に優遇されており、一般的な銀行カードローンだと年利15%から18%程度負担を強いられるものが、ネット銀行カードローンの多くは10%未満で利用する事が出来ます。この金利負担が非常に低い事と、大きな枠で利用できることはネット銀行カードローンの大きな強みであり、更に利用額に応じたポイント還元といったサービスも開始となれば、既存の大手銀行カードローンを使っている利用者は、確実に借換え等で流れていく事でしょうしその兆しは既にあります。

実際金利負担が軽ければそれだけ毎月のコストが軽減されることになりますし、さらに年間の負担額で見れば非常に大きな額で負担軽減になります。枠が大きい事と金利負担が軽い事は消費者ローン利用者にとって大きなメリットになりますので、今後多くの消費者ローンから借換え等でこういったネット銀行系のカードローンに流れていくものと期待されています。

↑ PAGE TOP